最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

もういちどベートーヴェン (宝島社文庫)

  • 39 読みたい
  • 52 現在読んでいるもの

発行元 中山 七里 .

    Download もういちどベートーヴェン (宝島社文庫) 本 Epub や Pdf 無料, もういちどベートーヴェン (宝島社文庫), オンラインで書籍をダウンロードする もういちどベートーヴェン (宝島社文庫) 無料で, 本の無料読書 もういちどベートーヴェン (宝島社文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 もういちどベートーヴェン (宝島社文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  中山七里
    • レーベル:  宝島社文庫
    • シリーズ名:  もういちどベートーヴェン
    • 発売日:  2020年04月07日
    • 出版社:  宝島社
    • 商品番号:  7225000070350
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    累計127万部突破の大人気シリーズ! 岬洋介が挫折し、別の道へ進もうとしているときの物語です。2006年。法曹界入りした天生高春は、ピアノ経験者のようだがなぜかクラシック音楽を避ける岬洋介とともに、検察庁の実務研修を受けていた。修習の一環として立ち会った取り調べの場に現れたのは、絵本作家の夫を刺殺したとして送検されてきた絵本画家の牧部日美子。日美子は犯行を否認しているが、凶器に付着した指紋という動かぬ証拠が存在する。取り調べが打ち切られようとしたそのとき、岬が突如ある疑問を投げかける……。『このミステリーがすごい!』大賞シリーズ。

あなたも好きかもしれません

もういちどベートーヴェン (宝島社文庫) by 中山 七里 ダウンロード PDF EPUB F2

岬洋介の司法修習生時代のお話。ピアニストとしての岬洋介はやっぱり、素晴らしいし、とても似合っています。次作「合唱 岬洋介の帰還」も早速、読みます!