最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

天皇は宗教とどう向き合ってきたか (潮新書)

  • 27 読みたい
  • 30 現在読んでいるもの

発行元 大白蓮華編集部 .

    Download 天皇は宗教とどう向き合ってきたか (潮新書) 本 Epub や Pdf 無料, 天皇は宗教とどう向き合ってきたか (潮新書), オンラインで書籍をダウンロードする 天皇は宗教とどう向き合ってきたか (潮新書) 無料で, 本の無料読書 天皇は宗教とどう向き合ってきたか (潮新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 天皇は宗教とどう向き合ってきたか (潮新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  原武史
    • レーベル:  潮新書
    • 発売日:  2019年04月17日
    • 出版社:  潮出版社
    • 商品番号:  5591222728940
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    近現代天皇制研究の泰斗が昭和・平成を軸に「宗教」という視点から皇室の歴史をひもとく画期的皇室論!


    皇室の宗教は昔から「神道」と思われているが、実は、皇室の宗教が公式に神道となったのは、明治以降だった。

    さらに、昭和天皇は敗戦後の一時期、神道に対する反省の念とともにキリスト教への改宗を真剣に考えたこともあったという。

    神道、仏教、キリスト教が複雑に交錯してきた宮中の実態から、宗教が天皇をはじめ皇室に与えた影響を問い直す。

    「天皇」と「宗教」の関係から、「令和の御代」の皇室のゆくえ、さらには日本の未来が見えてくる!!

あなたも好きかもしれません

天皇は宗教とどう向き合ってきたか (潮新書) by 大白蓮華編集部 ダウンロード PDF EPUB F2

天皇は宗教とどう向き合ってきたかの題名に非常に興味を持ったので、購入しました。平成から令和へ、この時、天皇家の歴史が非常に取り上げられている。人間にとって宗教の役割というものは、必要不可欠で大事なことである。天皇=神道と思っていたが、様々な点で参考になった。