最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

妖怪奉行所の多忙な毎日 〈妖怪の子預かります〉 (創元推理文庫)

  • 22 読みたい
  • 50 現在読んでいるもの

発行元 廣嶋玲子 .

    Download 妖怪奉行所の多忙な毎日 〈妖怪の子預かります〉 (創元推理文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 妖怪奉行所の多忙な毎日 〈妖怪の子預かります〉 (創元推理文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 妖怪奉行所の多忙な毎日 〈妖怪の子預かります〉 (創元推理文庫) 無料で, 本の無料読書 妖怪奉行所の多忙な毎日 〈妖怪の子預かります〉 (創元推理文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 妖怪奉行所の多忙な毎日 〈妖怪の子預かります〉 (創元推理文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  廣嶋玲子
    • レーベル:  創元推理文庫
    • シリーズ名:  〈妖怪の子預かります〉
    • 発売日:  2019年01月12日
    • 出版社:  東京創元社
    • 商品番号:  4745650900000
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    我ら烏天狗一族、妖怪奉行所のご用を務める者

    飛黒が双子の息子を奉行所に連れてきた

    大人気シリーズ第7弾!


    妖怪奉行所は、日夜様々な妖怪がやってきては、助けを求める場所。烏天狗一族が与力、同心から牢番までを代々務めている。飛黒はそんな烏天狗の筆頭であり、奉行の月夜公の右腕だ。ある日飛黒が双子の息子右京と左京を奉行所に連れてきた。双子も将来は奉行所でお役目につく身、今のうちに見学させておこうというわけだ。夫婦喧嘩の仲裁、淵の主の脱皮の手助けと、今日もてんてこ舞いの烏天狗達。だが、その陰で双子だけでなく、月夜公の甥の津弓、妖怪の子預かり屋の弥助まで巻き込む、とんでもない事件が進行していた。大人気シリーズ第7弾。

あなたも好きかもしれません

妖怪奉行所の多忙な毎日 (創元推理文庫) by 廣嶋玲子 ダウンロード PDF EPUB F2