最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

僕は雇われずに生きていこうと思った: ネットで1億円稼いで自由になった元皿洗いの軌跡

  • 81 読みたい
  • 4 現在読んでいるもの

発行元 午堂登紀雄 .

    Download 僕は雇われずに生きていこうと思った: ネットで1億円稼いで自由になった元皿洗いの軌跡 本 Epub や Pdf 無料, 僕は雇われずに生きていこうと思った: ネットで1億円稼いで自由になった元皿洗いの軌跡, オンラインで書籍をダウンロードする 僕は雇われずに生きていこうと思った: ネットで1億円稼いで自由になった元皿洗いの軌跡 無料で, 本の無料読書 僕は雇われずに生きていこうと思った: ネットで1億円稼いで自由になった元皿洗いの軌跡オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 僕は雇われずに生きていこうと思った: ネットで1億円稼いで自由になった元皿洗いの軌跡 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  濱田 大輔
    • 発売日:  2015年03月23日
    • 出版社:  株式会社GRASP
    • 商品番号:  1230000314730
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    『僕が高校生だった頃、父と母が突如としてパチンコに狂った。

    夫婦が30年以上かけて貯めた財産は泡のごとく消えて、家には猛烈な借金督促の嵐が吹いた。

    親戚から借りたお金も合わせると、借金はゆうに1000万円を超えていた。


    電気やガスが頻繁に止まった。

    裁判所から財産差し押さえ通告が届いた。

    家がなくなると母がよく泣いた。


    大学生になった僕は、学費と借金の利息を払うために、毎日アルバイトに明け暮れた。

    ファミレス、100円ショップ、水産工場、レンタルビデオ店、カラオケなど。

    田舎だったので時給700円前後が相場だった。


    夢も、趣味も、勉強も、遊びも、恋愛も、すべてが二の次だった。

    ただ黙々と単純労働をして、稼いだ金を親の借金返済にあてた。

    親を捨てるほど非情にもなりきれなかった。


    物質的な贅沢をしたいなんて願わなかった。

    ただただ、毎日自由が欲しいと思いながら働いていた。


    夢を追いたかった。趣味に没頭したかった。

    同世代の友人たちのように思い切り遊びたかった。

    旅行に行きたかった。不安から解放されたかった。


    一度きりの人生が、ただお金のための労働で過ぎ去っていくと思うと、たまらない気持ちになった。

    命が少しずつこぼれ落ちていくような気がした。』


    借金まみれの家庭に育ち、時給700円で皿洗いやレジ打ちのアルバイトに明け暮れていた学生が、

    藁にもすがる思いでインターネットビジネスを始めてみたら、半年も経たずに月収100万円を超えてしまい愕然。

    意図せず途方もない金銭的・時間的自由を手に入れてしまった著者の、衝撃・動揺・葛藤を赤裸々に告白。


    お金とは何か? 自由とは何か?


    ネット時代の新しい生き方を象徴する一冊。


    『目次』

    ・はじめに

    ・第1部「僕の人生から就職が消えた」

    ・第2部「月収200万円の憂鬱」

    ・第3部「起業に興味のない起業家」

    ・第4部「燃え上がる家」

    ・第5部「麗しき労働の日々」

    ・第6部「地獄のような労働との遭遇」

    ・第7部「労働、この恐るべきもの」

    ・第8部「システムの隅っこにあいた風穴」

    ・第9部「僕はアフィリエイトで生きていこうと思った」

    ・第10部「100万円という札束」

    ・第11部「資本主義のてっぺんらへん」

    ・第12部「香港旅行中にサラリーマンの年収分稼ぐ」

    ・第13部「手に入れた自由な人生」

あなたも好きかもしれません

僕は雇われずに生きていこうと思った ネットで1億円稼いで自由になった元皿洗いの軌跡 by 午堂登紀雄 ダウンロード PDF EPUB F2