最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

旅鉄BOOKS 025 木造駅舎紀行200選

  • 10 読みたい
  • 35 現在読んでいるもの

発行元 高橋 政士 .

    Download 旅鉄BOOKS 025 木造駅舎紀行200選 本 Epub や Pdf 無料, 旅鉄BOOKS 025 木造駅舎紀行200選, オンラインで書籍をダウンロードする 旅鉄BOOKS 025 木造駅舎紀行200選 無料で, 本の無料読書 旅鉄BOOKS 025 木造駅舎紀行200選オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 旅鉄BOOKS 025 木造駅舎紀行200選 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  杉崎 行恭
    • シリーズ名:  旅鉄BOOKS
    • 発売日:  2020年02月19日
    • 出版社:  天夢人
    • 商品番号:  4694635822090
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ※この電子書籍は、固定型レイアウトです。

    リフロー型書籍と異なりビューア機能が制限されます。


    日本の鉄道の多くが、明治・大正・昭和初期に開業しています。

    その当時に建てられたままの駅をはじめとして、令和の現在にあって今なお木造の駅を取り上げた1冊です。


    折しも「東京オリンピック・パラリンピック競技大会2020」を機に、山手線唯一の木造駅舎である原宿が大会後に解体されるというニュースが話題になりました。

    趣はあるけれども維持も難しいため、その存在はとても貴重なものになりつつあります。


    そこで、列車からぜひ降りて、懐かしさを感じる駅舎のその空間に身を置いて、歴史を、木造の美しさを肌で感じて欲しい!

    そんな、今のうちにぜひ旅に出かけて降りて欲しい木造駅舎を、200駅選りすぐって紹介した1冊です。


    【本書のポイント】

    ★巻頭特集は原宿駅、国立駅、高尾駅と、東京の3つの木造駅舎

    解体が決まった、山手線でも数少ない木造駅舎である原宿駅を特集。

    1924(大正13)年に建てられて以来、その姿を変えずに若者の街、原宿の玄関口としてその姿をとどめてきた、美しき駅舎を切り取っています。


    ★より美しく見られるポイントはクローズアップした写真で構成

    「最近は駅舎を楽しむ女性も増えている。スマホ時代らしい駅の見方もある。そこで木造駅舎は全景だけではなく、その駅らしい美しいポイントをクローズアップして見てもらいたい」そんな著者の思いから、駅舎紹介は、全景だけではなく、様々なアングル角度から撮影した写真で構成しています。


    【目次】

    ●1924~2020 原宿駅、木造駅舎の96年

    ●北海道・東北40選

    ●関東・甲信越44選

    ●東海24選

    ●北陸・近畿 36 選

    ●中国28選

    ●四国・九州25選

    ●地域の木造駅舎ものがたり

あなたも好きかもしれません

旅鉄BOOKS 025 木造駅舎紀行200選 by 高橋 政士 ダウンロード PDF EPUB F2