最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

40万で処女を売ったA子 イマドキ愛人事情 impress QuickBooks

  • 96 読みたい
  • 5 現在読んでいるもの

発行元 高橋弘 .

    Download 40万で処女を売ったA子 イマドキ愛人事情 impress QuickBooks 本 Epub や Pdf 無料, 40万で処女を売ったA子 イマドキ愛人事情 impress QuickBooks, オンラインで書籍をダウンロードする 40万で処女を売ったA子 イマドキ愛人事情 impress QuickBooks 無料で, 本の無料読書 40万で処女を売ったA子 イマドキ愛人事情 impress QuickBooksオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 40万で処女を売ったA子 イマドキ愛人事情 impress QuickBooks 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  神埼晃
    • レーベル:  impress QuickBooks
    • シリーズ名:  impress QuickBooks
    • 発売日:  2015年04月01日
    • 出版社:  インプレス
    • 商品番号:  4694844393070
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    【テレビ番組で話題】Ex.1:17才の夏、40万で処女を売った医大生。六年間の学費と、多額の借金、祖父の医療費と親の生活を一人で賄う極貧一家の大黒柱!

    Ex.2:11年間の愛人歴を持つフェロモン系美女。親の借金を返すために六人のパトロンを付き合い、夜は妖婦、昼は出世街道まっしぐらのエリート課長!

    Ex.3:26歳のパトロンと、恋がしたい23歳。好きなプレイは花見やクリスマス後の恋人プレイ!化粧も服も性格もピカイチ輝く女子系女子!


    3人が明るく赤裸々に語り合う、それぞれの事情、愛人としての本音。


    <まえがきより>

     いま、日本の愛人掲示板には一日三〇人、月のべ一〇〇〇人の書き込みがあります。出会い系サイトでも愛人が盛んに募集され、大手SNSでも個人対個人でパトロンと愛人たちが契約を結び二人だけの世界を作り出しています。

     来たる東京オリンピックのために、英語教室を実施する夜の店も出てきた現在。ネットでパトロンに会う愛人たちは、どのようにして掲示板にたどり着き、どのような契約を結ぶのでしょう? また、どのような人生を歩み、これからどのような未来を選ぶのでしょうか?

     論理的でもなく、倫理的でもないかもしれないけれど。自分を商品だと言い切り、進学や借金返済の為に働く美女たちの、ある座談会の記録です。(まえがきより)


    <目次>

    第一章 四〇万で処女を売った、A子の場合

    第二章 迷って失くしても、それでも私は『愛人』をする

    第三章 思い出セックスーー抱き枕になるオンナノコたち

    第四章 パトロンと結婚したい、えりの場合

    第五章 あしながおじさんも光源氏も、愛人を抱えていた?

    第六章 愛人たちは甘くない?

    第七章 夜が楽しみになる方法ーーはじらいセックスのススメ

    第八章 今や男も愛人に! 沸き起こる愛人旋風!

    第九章 ザ・愛人会ーー愛人に必要な六つの条件


    <著者>

    神崎 晃(かんざき あきら)

    一九八七年出生。児童養護施設に近い小学校を卒業。この頃の同級生が夜の世界に行ったことにより、風俗街の取材を始める。趣味は茶道と空手道。


    ★impress QuickBooks(R)は、気軽に電子書籍を楽しんでいただきたいという想いから生まれた電子専門レーベルです。

あなたも好きかもしれません

40万で処女を売ったA子 イマドキ愛人事情 (impress QuickBooks) by 高橋弘 ダウンロード PDF EPUB F2

人生には様々な出来事がある、やむにやまれぬ事情もある。
そういった出来事、事情に誘われて夜の世界に飛び込んだ人々のリアルを知るには、この本が良い。
必要以上に暗くならず、しかし、世の中に存在する事実を確かに伝えてくれる。
きっと、このような取材を続けるには、多くの労力が必要だっただろう。
時には辛い目にあったり、危ない目にあったことも…あるのかもしれない。
それでも、何事かを伝えようと心に決めたから、続けたのだろう。
この著者の生き様を見習わねば…と強く考えさせられた。
ライトな文体で書いてはあるが、確かな目で現実を見つめている。
何かを変えようと足掻いている。
自分もまた、強くならなければと教えられた気がした。
確かにタイトルと比べると明るくて、電車の中で読むのにちょうどよさそう。
座談会ってことでほぼ会話文だし、固い小説苦手な人にもいいと思う。
やっぱり内容が内容だから、たまに直接的な言葉が出てきたりもするけど、いやらしい感じもなくてさっぱり系の女子会を覗いてる気分。
そういうぶっちゃけ感、私的には好きでした。
最近会ってない友達が集まって、近況報告とかしてるみたい。
重そうな身の上話も、中の3人がさらっと話してて、変にかわいそうさを煽ってこないところがよかった。
あと、男がすごい。女の人に毎月何十万も出せるってことは、単純に考えても年収。。。
愛人にもやり方とかルールみたいなものがあって、普通に求人出してるっぽいところとか、すごく面白かったです。
自分には縁のなかった「処女を売る」という言葉に、周囲から虐げられ、嫌々ながら愛の無い男に身を任せる。そういった悲壮感や可哀想な部分で涙を誘うようなものを想像していた。
それこそ江戸の遊女のような、身を削って最後にはボロボロになっていく幸薄い少女たち…。
そんな想像は、良い意味で木端微塵にされた。
「愛人」の響きからは想像も出来ない、まさに縁がないからこそ、世の中にこんな世界があったのかと眼から鱗が落ちる思いだった。
歪んだ愛情ではなく、あくまで仕事としての割り切りや不思議とさっぱりしているところが、タイトルの印象とは真逆の健康的な明るささえ感じる。
縁のない人ほど、読んでみてほしい。フィクションではない、本物の異世界がここにはある。ただの異世界ではない。身近なところに存在していて、そして運命がほんの少し違えば、自分自身が踏み込んでいたかもしれない世界だ。
事実は小説より奇なり。見事にその言葉を表してくれている。
そして、少し羨ましくもあった。
彼女たちの環境ではなく、そうして磨ける美貌があることが、女として、羨ましくなった。